入島

石垣島ってこんなとこ★

初めての石垣島!“お~りと~り”(ようこそ!)で“なんくるないさ~”(大丈夫さ~)。
急ぎ足の日常から開放!南国ムードで癒されます。第一印象ってこんなとこ。

5月15日出発。2,3日前に「沖縄梅雨入り」のニュースを観て、若干の不安を抱きつつも飛行機の乗り換えで那覇空港に到着・・・雨(涙)。残念な気持ちを拭いきれずに、石垣島行きの飛行機に乗りました。およそ50分。飛行機の窓から見えた景色はたくさんの畑。そして明るい日差し!

石垣空港に降り立ち、飛行機からバスにのって空港内へバスからは、これでもかというほどの陽気で大きな看板に「おーりとーり」の文字が・・・「???!」・・・おーりとーりって何のこっちゃ???確か那覇では「めんそーれ」とあったはず。どうやら「ようこそ!」の意味らしい。

石垣空港

本島から約400kmも離れると、言葉までが異国の雰囲気でした。蒸すような暑さではないのだけれど、「THE 亜熱帯」を感じさせる空気。でも空気がキレイで不快感ゼロというのが、最初の印象です。一気にテンションは常夏気分。でしたが・・・

空港からレンタカーを借りるところまでの道中、「どこがリゾートやねん」と一人ツッコミしてしまうほどの、のどかな田舎風景。なんだか古き良きド田舎と言ったところでしょうか。電柱・電線が多く、信号が少ないです。私の心は先程とうって変わって、ほっこりとしてしまいました(笑)レンタカーの手続きを終え、ホテルへ。

石垣島時間はゆっくりと流れています。現地の方は制限速度を守る方々ばかりで、時速40km程で、のんびりと向かいました。普段はきっと60kmオーバーで走るような道も、のんびり・のんびり(笑)またまたほっこりしながら、ホテルに到着。ホテル前の植え込みには、おおきなガジュマル、ブーゲンビリヤやハイビスカスが咲き乱れ、それは美しかったです。

綺麗な花

今年の春の訪れは例年に比べとても遅く、北海道から来た私には、つい数時間前に咲き誇るしば桜や可愛らしいクロッカスをみたばかり。またまた異国情緒を感じつつ、心身共に開放されていくのがわかりました。「あ~、なんで日々せかせかとしているんだろう?」空は真っ青。明るい太陽。色鮮やかな花々。

それだけで既に「癒されるぅ♪」沖縄本島堪能済みの私でも、このような感動がありました(#^.^#)これから初石垣島を検討されてる方、計画をされてる方、まずはこんな感動味わってみませんか?

               《 石垣島旅行記TOP | 気候 》

入島 | 気候 | 宿泊 | ドライブ | ダイビング | 食事 | 石垣島のラー油 | レジャー | 離島 | ひとこと
 

メニュー

石垣空港
綺麗な花
マンゴーティー
ドライブマップ
マンタ
みそ汁
ペンギン食堂のラー油

おまけ

観光雑誌
フェリーからの風景

プロフィール

管理人

運営情報